スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餃子の消費量、浜松に宇都宮敗れる!!

こんばんは~。
地元民としてこの話題に触れない話題にはいかないかなぁと思いまして。。
浜松市の独自調査で1年間の餃子消費額が1位だったそうです。

こういうのってたいてい市民には実感が無いんですよね。私も宇都宮市民ですけど、あまり食べませんし・・。浜松の方もそう思う方はいるんじゃないでしょうか。
まぁどんなことでも1位はすごいことですから、おめでとうございます。って感じですね!

他のブログをチェックしてみたところ、新聞記事へのリンクをはって、コメントを軽く言ってると言うのがほとんどだったので、私はいろいろ両市を比較してみることにしました。


【基本情報】
宇都宮市は栃木県下最大の都市で、県庁所在地。
人口は約46万人。東京から100km圏内。都市圏人口は約100万人

【なぜ餃子が有名に??】
家庭での餃子の消費量が日本一であったため平成2年にまちおこしの一環として餃子を売り出す。テレビ東京の「おまかせ山田商会 ギョウザフェスティバル 宇都宮餃子大作戦」にて紹介されたことも有名になった原因。「情報元:宇都宮餃子会HPより」

【私的な見解】
東京から新幹線で50分~56分。東京からの新幹線停車本数は3~5本
湘南新宿ラインの速達化等により東京西部や湘南地区からの客層が見込めるほか、人口の多い関東平野に位置し集客には有利か?
JR東日本にお得な切符が多いのも有利か・・?

一方浜松市は
【基本情報】
浜松市は静岡西部の中心都市として発展。工業都市として有名。
浜松市と隣接した市町村を合併。4月より政令指定都市へ。
人口は約80万人で、都市圏人口は93万人

【なぜ餃子が有名に?】
これから有名になるんでしょう。。

【私的な見解】
東京から新幹線で1時間20分~2時間で新幹線停車本数は2~3本
東京からの距離は宇都宮に比べると遠いものの、近くに静岡、名古屋
新幹線を使えば京都・大阪も比較的近く集客力はあるはず。

と言う感じで、結構似てます。。大都市近郊であることや、新幹線の停車本数。そして在来線の本数まで。。
都市圏人口を明記したのは、浜松が合併してしまったためです。
「都市圏人口情報元:http://neo-luna.cside.tv/」

こうしてみると、浜松も成功しそうですね♪
宇都宮のいいライバルとしてお互い発展していけば最高です。。
餃子で争うのもなんですけどね・・。
でも、浜松の餃子消費量日本一!というニュースには必ずと言っていいほど、宇都宮市の名前が出るんで、お互い宣伝になってます。。

負け惜しみに聞こえるかもしれませんが、宇都宮市民として、宇都宮餃子を宣伝して終わりたいと思います(笑)

一応、消費量では負けましたが、あちらは独自調査であり(宇都宮は総務省の調査による。)、市町村合併による人口増加で増えたものですので、政令都市になった後の正式な調査(宇都宮市を調査した方法と同一方法での調査)結果を待ちましょう!まぁこれでも負ける可能性はあるでしょうけどね(苦笑)

宇都宮餃子の売りは安さです!正嗣の170円を筆頭に他店も200円前後で販売しているのは浜松より安いはず??


もし、浜松で餃子を食べた方いましたら、味の感想を聞かせてもらいたいなぁと思います。
もやしがあるそうですよね。私も機会があれば、食べに行きたいですねぇ。。

~最後に~
いろんな新聞社の記事をみましたけど、このJ-CASTってところが面白かったので、URLを載せておきますね。
http://www.j-cast.com/2007/02/20005649.html
【引用元:J-CAST】
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログは記事の量じゃありませんでした

ブログは記事の量じゃありませんでした。文章でもありませんでした。問題は集客です。見てもらえなければ、意味がありません。広告を出せば見てもらえます。しかし、それは、お金の無駄遣いかもしれません。もっと、違う方法です。たくさんの人に見てもら...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
画像の餃子像もある宇都宮に住んで20年以上の宮っ子です。
でも、4年間福島に浮気しました。笑

そんなわけで、東北も関東も愛しています。

どちらも、3月の地震で被害を受けた地域・・
がんばろう!東日本!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。